コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳩野宗巴 はとのそうは

3件 の用語解説(鳩野宗巴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳩野宗巴
はとのそうは

[生]寛永18(1641).長崎
[没]元禄10(1697).閏2.8. 大坂
江戸時代前期の蘭方医。本姓は中島氏。長崎で生れ,オランダ人医師アルマンスー流およびカスパル流の外科を修めた。姓を中島より鳩野と改め,大坂に住んで開業,外科医として名声を得た。著書に『金瘡精義』 (9巻,1684) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳩野宗巴 はとの-そうは

1641-1697 江戸時代前期の医師。
寛永18年生まれ。先祖は代々周防(すおう)(山口県)岩国藩士で,父の代に長崎にうつる。オランダ人医師カッツに外科をまなぶ。天和(てんな)元年(1681)肥後熊本藩主がかっていた鳩の脚の傷を治療したことから鳩野姓を名のる。のち大坂で開業。2代宗巴から熊本藩の藩医となり,代々宗巴をついだ。元禄(げんろく)10年閏(うるう)2月8日死去。57歳。本姓は中島。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳩野宗巴

没年:元禄10.閏2.8(1697.3.30)
生年:寛永18(1641)
江戸前期の外科医。本姓は中島,家号は松水軒。先祖は代々岩国藩(岩国市)藩士だったが,父長三郎の代に致仕して長崎に出た。宗巴は蘭医アルマンスについて外科を学んで医を業とした。天和1(1681)年肥後(熊本)藩主細川綱利に招かれ愛鳩の足傷を治療し「鳩の宗巴」といわれたのにちなみ,大坂に移住したとき鳩野に改姓したという。渡欧説が伝えられているが,否定的意見が強い。2代目から正式に肥後藩の藩医となり,以後代々宗巴と称した。<参考文献>古賀十二郎『西洋医術伝来史』

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳩野宗巴の関連キーワード禅昌半井和年外科医天野半之助杏一洞坂田快太郎中島三甫右衛門(3代)中島三甫右衛門(4代)林稚瞻吉田自休

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳩野宗巴の関連情報