コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨の貝焼き かものかやき

2件 の用語解説(鴨の貝焼きの意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

かものかやき【鴨の貝焼き】


島根の郷土料理で、大きなあわびの貝殻を鍋の代わりに用いる鍋料理。だし汁をはった貝殻に、鴨の脂皮と骨をたたいて作っただんごや野菜・豆腐などを入れ、その上に鴨の胸肉をのせ、煮ながら食べる。

出典|講談社
日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鴨の貝焼き
かものかやき

島根県の郷土料理。冬になると宍道(しんじ)湖に野生のカモが飛んでくる。このカモを鍋(なべ)料理にしたものであるが、鍋に大きなアワビの貝殻を用いるのが特色で、「かやき」の名は貝(かい)焼きから転じたもの。作り方は、1人用の小さいこんろにアワビの貝殻をのせ、その中にだし汁を入れる。短冊に切ったダイコン、ささがきごぼう、ネギ、セリなどを加える。ほかに、さっとゆでた百合(ゆり)根とアカガイのむき身を入れる。このように野菜などを入れたあとでカモの肉を加え、すぐに裏返しにして煮すぎないようにし、カモの香りを楽しむというのが貝焼きの特徴である。鍋がわりのアワビ貝を2、3回しか使わないのは、アワビの残り香も味わうためである。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone