コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨の貝焼き かものかやき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鴨の貝焼き
かものかやき

島根県の郷土料理。冬になると宍道(しんじ)湖に野生のカモが飛んでくる。このカモを鍋(なべ)料理にしたものであるが、鍋に大きなアワビの貝殻を用いるのが特色で、「かやき」の名は貝(かい)焼きから転じたもの。作り方は、1人用の小さいこんろにアワビの貝殻をのせ、その中にだし汁を入れる。短冊に切ったダイコン、ささがきごぼう、ネギ、セリなどを加える。ほかに、さっとゆでた百合(ゆり)根とアカガイのむき身を入れる。このように野菜などを入れたあとでカモの肉を加え、すぐに裏返しにして煮すぎないようにし、カモの香りを楽しむというのが貝焼きの特徴である。鍋がわりのアワビ貝を2、3回しか使わないのは、アワビの残り香も味わうためである。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android