コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴻池道億 こうのいけ どうおく

2件 の用語解説(鴻池道億の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴻池道億 こうのいけ-どうおく

1656*-1736 江戸時代前期-中期の豪商,茶人。
明暦元年12月6日生まれ。大坂の豪商鴻池家の一族。茶道具の鑑定にすぐれ,「大黒(おおぐろ)」「東陽坊」などの名物を収集。その目録は「鴻池家道具帳」として知られる。近衛家煕(このえ-いえひろ)と親交があった。元文元年9月3日死去。82歳。姓は山中。名は善三郎。号は光漸,凡斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鴻池道億

没年:元文1.9.3(1736.10.7)
生年:明暦1.12.6(1656.1.2)
江戸中期の大坂商人,茶人。茶道具の目利きとしても知られる。秀重と木村治郎右衛門の娘の子。名は善三郎。光漸,凡斎などと号した。山中姓を名乗る豪商鴻池家の一族。茶は村田珠光の流れを汲んだが,千家茶道とも関係が深い。さらに近衛家煕などにも知遇を得た。茶道具の鑑定に長じ,茶器の収集にも励んだ。「本能寺文琳」(五島美術館蔵),長次郎作楽茶碗「大黒」「東陽坊」などはその代表。300点を超えるその所持道具は『鴻池道具帳』に詳しい。著書に『山中光漸茶書』がある。<参考文献>『茶道全集』11巻

(谷端昭夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鴻池道億の関連キーワード又玄齋不住齋刀目利き茶人目利き目利き違い目利き立て加島屋清兵衛小堀政貴庄六

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone