コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大坂商人 おおさかしょうにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大坂商人
おおさかしょうにん

大坂の商業都市としての発展の第一歩は,豊臣秀吉大坂城 (→大阪城 ) 築城である。秀吉は平野,堺の商人を招いたが,大坂城落城後一時荒廃した。江戸時代になると伏見 80町余の町人が移され,各地の商人も次第に来住,ここに堺,平野,近江,伊勢などの商人を構成要素として大坂商人が成立した。彼らは一般に近江商人の性格を継承し,勤勉で忍耐強く倹約心に富んだ。また「才覚」を重んじ,商人としての独自の誇りをもっていた。蔵元掛屋などの御用商人や各種問屋商人として活躍,「天下の台所」とうたわれた大坂にあって,大名財政の死命を制するほどの実力をもち,江戸時代商業界に強力な地位を占めていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大坂商人
おおさかしょうにん

近世において、全国経済の中心であった大坂の商人をいう。大坂は、初め石山本願寺の寺内町(じないまち)として発展、1583年(天正11)には羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉の城下町として建設され、安土(あづち)、平野(ひらの)、堺(さかい)など畿内(きない)近国の商工業者を移住させた。大坂の陣による豊臣氏滅亡後、徳川氏は初め松平忠明(ただあきら)を封じ、ついで1619年(元和5)直轄領として大坂の再建を行い、伏見(ふしみ)町人を大挙移住させた。初期の豪商として、大坂三町人尼崎又右衛門(あまがさきまたえもん)、瓦師(かわらし)寺島藤右衛門(とうえもん)、大工山村与助があり、惣年寄(そうどしより)などの有力町人がいたが、このなかには安井、淀屋(よどや)など都市開発に尽力した者も多い。前期が武家出身の御用商人の活躍した時代とすると、17世紀なかばから全国経済の波にのって活躍する者が出てくる。上層は領主経済に関連をもつ蔵元(くらもと)、掛屋(かけや)などで両替商をも営む者が多かった。淀屋、天王寺屋(てんのうじや)、平野屋、鴻池(こうのいけ)、加島屋(かじまや)などであり、また問屋、仲買は1710年代(正徳(しょうとく)年間)には問屋5655軒以上、仲買1万1108軒、職人9747軒という数に上っていた。また泉屋(住友)は銅山、製錬業で大をなした。
 大坂は日常必需品の加工生産を行い、全国流通の拠点となっていた。問屋、仲買の多さは江戸、京に比べても特色があり、商人の町として栄えた。井原西鶴(さいかく)が記すように「日本第一の津」の商人としての誇りと商業道徳があり、また現実的で金銭的合理主義、反中央、反アカデミズムなど独特の気風を育てた。ただ豪商の多くが領主経済に関係し、金融などで営業していたため、近代になると、廃藩で大打撃を受け、一部銀行資本に転じ、住友が財閥となった以外は没落した家も多かった。[脇田 修]
『「大阪町人論」「大阪町人列伝」(『宮本又次著作集 第8巻』所収・1977・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大坂商人の言及

【大阪[市]】より

…幕府は旧来の市場統制策は不可能とみて,株仲間解散にふみきるが効果はなく,51年(嘉永4)には株仲間が再興されたが,かつての独占的地位はなくなった。なお中期以降の幕府の買米(かわせまい),御用金は巨額に上り,大坂商人の資金力に打撃を与えたものとみられる。また天保改革の中で,芝居を5座に限り,茶屋・風呂屋の転業と飯盛女付旅籠屋として3ヵ所に遊所を集めた。…

※「大坂商人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大坂商人の関連キーワード永瀬七郎右衛門(初代)殿村平右衛門(初代)受け為替・受為替江戸時代(年表)天野屋利兵衛東海道名所記加島屋清兵衛小橋屋浄徳鴻池道億糸荷廻船干鰯問屋前田吉徳野崎観音灰吹法懐徳堂森一鳳米会所鴻池家広如銀札

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大坂商人の関連情報