コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜殿長持 うどの ながもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鵜殿長持 うどの-ながもち

?-1557 戦国時代の武将。
今川義元の家臣で,三河(愛知県)上之郷(かみのごう)城主。天文(てんぶん)13年連歌師谷宗牧をむかえ,松平清善らと連歌千句の会をひらいたことが宗牧の著「東国紀行」にみえる。弘治(こうじ)3年死去。通称は三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鵜殿長持の関連キーワード松平家忠鵜殿長照今川義元