コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴御崎 つるみざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴御崎
つるみざき

大分県南東部,佐伯市の東端,豊後水道に臨む九州島最東端 (132°05′) の岬。鶴見崎とも書く。一帯リアス海岸をなし,高さ 150mに及ぶ海食崖や「潮吹き」で有名な多数の海食洞が並ぶ。日豊海岸国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つるみ‐さき【鶴御崎】

《「鶴見崎」とも書く》大分県南東部、佐伯(さいき)市東部の鶴見半島東端にある岬。九州最東端に位置し、豊後(ぶんご)水道をはさんで愛媛県の由良岬(ゆらのはな)に相対する。先端には高さ150メートルの海食崖(がい)があり、多くの海食洞がある。洞内に押し寄せた大波によって10メートル余りも吹き上げる「潮吹き」現象が見られる。日豊(にっぽう)海岸国定公園に属する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕鶴御崎(つるみさき)


大分県南東部、佐伯(さいき)湾の南に突き出た鶴見(つるみ)半島先端の岬。豊後(ぶんご)水道の出口で九州の最東端にあたる。鶴御埼(さき)灯台がある。日豊(にっぽう)海岸国定公園に属する。細く長く複雑に延びた半島の海岸には鄙(ひな)びた漁村と海水浴場が点在。岬付近は200m近い海食崖(かいしょくがい)で、海食洞が流れこんだ波を吹き上げる「潮吹(しおふ)き」の奇勝もみられる。鶴見埼(つるみさき)とも表記する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴御崎
つるみさき

豊後(ぶんご)水道南口の西角にある岬。愛媛県の由良岬(ゆらのはな)と相対する。大分県佐伯市鶴見(つるみ)地区と米水津(よのうづ)地区の東部をなす鶴御半島の東端にあり、東経132度5分、九州島の最東端をなす。中生層の粘板岩からなり、高さ150メートルの海食崖(がい)が発達。多くの海食洞があり、大波が押し寄せると、内部に圧縮された空気が逆に跳ね返して、流れ込んだ波を轟音(ごうおん)とともに10メートル余も吹き上げる「潮吹き」現象がみられる。日豊(にっぽう)海岸国定公園の一部。鶴見崎とも書く。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鶴御崎の言及

【鶴見[町]】より

…平地は少ないが,傾斜地ではウンシュウミカン,アマナツ,ハッサクが生産されている。九州最東端の岬である鶴御崎とその周辺は自然景観に恵まれ,日南海岸国定公園,豊後水道県立自然公園に指定されている。【萩原 毅】。…

※「鶴御崎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴御崎の関連キーワード鶴見(大分県)米水津〈村〉大分県佐伯市豊後鶴御崎鶴見[町]瀬戸内海由良岬佐伯湾日向灘鶴見埼漁村奇勝日豊豊後

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android