コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米水津 よのうづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米水津
よのうづ

大分県南東部,佐伯市東部の旧村域。日向灘北端の米水津湾に臨む。 1889年村制。 2005年佐伯市,宇目町,蒲江町,上浦町,鶴見町,弥生町,本匠村,直川村と合体し,佐伯市となる。主産業は漁業で,特にブリ,ハマチ,タイの養殖やイワシ,アジの丸干しなどが知られる。海岸部の急傾斜地ではミカンの栽培も行なわれる。元越山 (582m) からの日向灘の展望はすばらしく,また間越砂丘にはハマユウが,竹野浦,沖黒島にはビロウが見られる。海岸部一帯は日豊海岸国定公園に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米水津
よのうづ

大分県南部、南海部(みなみあまべ)郡にあった旧村名(米水津村(むら))。2005年(平成17)佐伯(さいき)市に合併し、現在は同市の東部にあたる地域。旧村名は中世以来の地域名による。九州山地北東端の一部で、豊後(ぶんご)水道リアス式海岸の一湾、米水津湾に臨む。農業は三つの小扇状地のミカン栽培がおもで、水田はない。漁業は宮野浦(みやのうら)のイワシ巾着(きんちゃく)網漁業を中心に、アジ、サバ、イカなどの一本釣り・網漁業やブリ養殖がある。間越(はざこ)の潟湖(せきこ)をつくる砂州にはハマユウ、沖黒(おきのくろ)島、竹野浦(たけのうら)にはビロウが自生する。[兼子俊一]
『山田平之丞・麻生信二著『米水津村誌』(1966・米水津村) ▽山田平之丞著『郷土ものがたり』(1972・金田寅己)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

米水津の関連キーワード佐伯(市)(さいき)大分県佐伯市米水津[村]鶴御崎さいき鶴見町弥生町横島

米水津の関連情報