コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢清七(5代) つるざわ せいしち

2件 の用語解説(鶴沢清七(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢清七(5代) つるざわ-せいしち

1828-1901 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
文政11年4月15日生まれ。2代鶴沢勝右衛門の高弟。元治(げんじ)元年引退して後進を育成。明治18年5代清七を襲名した。明治34年10月12日死去。74歳。大坂出身。本名は浅田嘉七。初名は鶴沢広吉。前名は鶴沢九蔵(2代),鶴沢勝右衛門(3代)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴沢清七(5代)

没年:明治34.10.12(1901)
生年:文政11.4.15(1828.5.28)
幕末明治期の義太夫三味線の名手。豊沢団平豊沢広助と並び称された。本名浅田嘉七。大坂の生まれ。鶴沢九蔵(のち2代目勝右衛門)の門下で,天保12(1841)年広吉の名で初出座。弘化4(1847)年に師名を継いで九蔵と改め,次いで3代目勝右衛門となる。3代目竹本長門太夫や3代目清七の教えも受け,両人没後の元治1(1864)年,芝居から退いて素人浄瑠璃の育成に努めた。明治18(1885)年清七を相続。清廉高潔な人柄は義太夫界の鑑と称賛され,6代目清七ほか多くの門下を輩出した。<参考文献>柳香散史「鶴沢清七」(『新小説』1902年7月号)

(倉田喜弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴沢清七(5代)の関連キーワード義太夫三味線豊沢団平加古千賀豊沢小住豊沢新左衛門(初代)豊沢仙平豊沢団八豊沢団平(初代)豊沢団平(3代)豊沢広助(5代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone