コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶸色 ひわいろ

4件 の用語解説(鶸色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

ひわいろ【鶸色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「つよい黄緑」としている。一般に、鶸の羽のような黄色みが強い黄緑のこと。鶸はスズメ目アトリ科に属する小鳥の名で、日本にはマヒワ、カワラヒワ、ベニヒワなどがいる。鳥の色名としては珍しく古い。中世から使われてきたとされ、江戸時代に流行した。染料には黄檗きはだ、または刈安かりやすと、あいを薄く用いて染めた。現代でも衣料品や陶磁器などに幅広く使われている色。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひわ‐いろ〔ひは‐〕【×鶸色】

ヒワの羽のような黄緑色。ひわ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひわいろ【鶸色】

鶸の羽のような色。黄色みの強い黄緑色。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶸色
ひわいろ

色名の一つ。黄緑色。鶸の羽の色を連想して名づけられたもの。鎌倉時代以降使われたと思われ、『布衣(ほい)記』狩衣事(かりぎぬごと)の項に、さまざまな色名とともに「ひは」があげられている。萌黄(もえぎ)色より黄色みが強く、『日葡(にっぽ)辞書』(1603)に黄色の一種とある。江戸時代、町人の小袖(こそで)にも好んで用いられ、染料として黄蘗(きはだ)と薄い藍(あい)を使って染め出された。また、青みの濃い色を鶸萌黄、茶色みのあるものを鶸茶とよんだ。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶸色の関連キーワード青紫オリーブグリーン黄赤黄茶黄緑グラスグリーンゴールデンイエローシルバーグレイ鉄黒マルーン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone