コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶸色 ひわいろ

色名がわかる辞典の解説

ひわいろ【鶸色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「つよい黄緑」としている。一般に、鶸の羽のような黄色みが強い黄緑のこと。鶸はスズメ目アトリ科に属する小鳥の名で、日本にはマヒワ、カワラヒワ、ベニヒワなどがいる。鳥の色名としては珍しく古い。中世から使われてきたとされ、江戸時代に流行した。染料には黄檗きはだ、または刈安かりやすと、あいを薄く用いて染めた。現代でも衣料品や陶磁器などに幅広く使われている色。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひわ‐いろ〔ひは‐〕【×鶸色】

ヒワの羽のような黄緑色。ひわ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひわいろ【鶸色】

鶸の羽のような色。黄色みの強い黄緑色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶸色
ひわいろ

色名の一つ。黄緑色。の羽の色を連想して名づけられたもの。鎌倉時代以降使われたと思われ、『布衣(ほい)記』狩衣事(かりぎぬごと)の項に、さまざまな色名とともに「ひは」があげられている。萌黄(もえぎ)色より黄色みが強く、『日葡(にっぽ)辞書』(1603)に黄色の一種とある。江戸時代、町人の小袖(こそで)にも好んで用いられ、染料として黄蘗(きはだ)と薄い藍(あい)を使って染め出された。また、青みの濃い色を鶸萌黄、茶色みのあるものを鶸茶とよんだ。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鶸色の関連キーワードカワラヒワ江戸時代ベニヒワ伝統色マヒワ色名真鶸

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶸色の関連情報