コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒワ

デジタル大辞泉の解説

ひわ〔ひは〕【×鶸】

スズメ目アトリ科に属するカワラヒワマヒワベニヒワベニマシコイスカシメウソなどの総称。ふつうマヒワをさす。 秋》「―の影すぎしと思ふ霧深し/秋桜子
ひわ色のこと。
[補説]書名別項。→

ひわ【鶸】[書名]

三木卓短編小説昭和47年(1972)発表。昭和48年(1973)、第69回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひわ【鶸】

スズメ目アトリ科に属するカワラヒワ・マヒワ・ベニヒワの総称。 [季] 秋。
鶸色 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鶸 (ヒワ)

動物。アトリ科の一部の鳥の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鶸の関連キーワードベイルドン石(データノート)ベイルドン石ラファエッロオルテーゼデューラー聖母子伝統色芝全交動物黄緑真鶸狐色鶸色

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android