鷸蚌の争い(読み)イツボウノアラソイ

  • いっぽうのあらそい
  • いつぼう
  • の 争(あらそ)い
  • 鷸蚌
  • 鷸蚌(いつぼう)の争(あらそ)い

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無益な争いによって共倒れになることのたとえ。シギ(鷸)がハマグリ(蚌)の肉を食べようとして、ハマグリの貝殻に嘴(くちばし)を挟まれ、互いに争っているうち、両方とも漁夫に捕らえられてしまったという『戦国策』「燕(えん)策」の故事による。むだな争いは第三者に利益を横取りされ、結局は共倒れになってしまうことを戒めたことばで、「漁夫の利」はその類句であるとともに、このあとに続けてもいう。

[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(シギとドブガイが争っているところを、漁師が両方とも捕えてしまったという「戦国策‐燕策」の故事から) 無益な争いをしていると、思わぬ第三者に乗ぜられて共倒れになることを戒めたたとえ。
※偽悪醜日本人(1891)〈三宅雪嶺〉濁〈林辨次郎〉「鷸蚌の争遂に漁夫の利となるを如何せん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

無益な争いをしていると、思わぬ第三者に乗ぜられて共倒れになることのたとえ。

[使用例] 鷸蚌の争いついに漁夫の利となるをいかんせん[三宅雪嶺*偽悪醜日本人|1891]

[解説] しぎはまぐりが、くちばしと貝殻を互いにはさみあって争っているうちに、両方とも漁師に捕まってしまったという「戦国策―燕策」の故事によることば。

[類句] 鷸蚌相挿む/漁夫の利

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android