コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷸蚌の争い イツボウノアラソイ

3件 の用語解説(鷸蚌の争いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

鷸蚌(いつぼう)の争い

《争っているシギとハマグリを一度に漁師がつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っている間に、第三者に利益を横取りされ共倒れになることのたとえ。→漁夫(ぎょふ)の利

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いつぼうのあらそい【鷸蚌の争い】

〔シギとハマグリとが争っている間に、両方とも漁夫に捕らえられたという「戦国策燕策」の故事から〕
二人が利を争っている間に、第三者に乗ぜられ共倒れになるような無益な争い。 → 漁夫の利

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷸蚌の争い
いっぽうのあらそい

無益な争いによって共倒れになることのたとえ。シギ(鷸)がハマグリ(蚌)の肉を食べようとして、ハマグリの貝殻に嘴(くちばし)を挟まれ、互いに争っているうち、両方とも漁夫に捕らえられてしまったという『戦国策』「燕(えん)策」の故事による。むだな争いは第三者に利益を横取りされ、結局は共倒れになってしまうことを戒めたことばで、「漁夫の利」はその類句であるとともに、このあとに続けてもいう。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷸蚌の争いの関連キーワードチョウセンハマグリ鷸蚌ぎとぎと漁夫の利碁石蛤蛤鍋蛤刃見る間に焼き蛤白蛤