コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁夫の利 ギョフノリ

大辞林 第三版の解説

ぎょふのり【漁夫の利】

〔シギとハマグリが争っているうちに、両方とも漁師にとられたという「戦国策燕策」の故事から〕
二者が争っているのに乗じて、第三者がうまうまと利益を手に入れること。 「 -を占める」 → 鷸蚌いつぼうの争い

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漁夫の利
ぎょふのり

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

漁夫の利の関連キーワード戦略的投票行動漁夫・漁父ガイタン争い鷸蚌漁利

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漁夫の利の関連情報