鸚鵡返文武二道(読み)おうむがえしぶんぶのふたみち

世界大百科事典 第2版の解説

おうむがえしぶんぶのふたみち【鸚鵡返文武二道】

黄表紙。3冊。恋川春町(こいかわはるまち)作,北尾政美(まさよし)画。1789年(寛政1)刊。延喜の御代,菅秀才(かんしゆうさい)が輔佐の臣として武を奨励したが,人びとの武勇を競い合う行き過ぎが洛中に騒動を起こしたので,大江匡房(まさふさ)を登用して聖賢の道を講ぜしめる。今度はその教えのなかの喩(たと)えを勘違いして凧上げが流行し,鳳凰も姿をあらわすという筋で,松平定信の新政に取材し,その著《鸚鵡言(おうむのことば)》に見られる喩えを借用する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android