コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鸚鵡返文武二道 おうむがえしぶんぶのふたみち

2件 の用語解説(鸚鵡返文武二道の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おうむがえしぶんぶのふたみち【鸚鵡返文武二道】

黄表紙。3冊。恋川春町(こいかわはるまち)作,北尾政美(まさよし)画。1789年(寛政1)刊。延喜の御代,菅秀才(かんしゆうさい)が輔佐の臣として武を奨励したが,人びとの武勇を競い合う行き過ぎが洛中に騒動を起こしたので,大江匡房(まさふさ)を登用して聖賢の道を講ぜしめる。今度はその教えのなかの喩(たと)えを勘違いして凧上げが流行し,鳳凰も姿をあらわすという筋で,松平定信の新政に取材し,その著《鸚鵡言(おうむことば)》に見られる喩えを借用する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

おうむがえしぶんぶのふたみち〔アウムがへしブンブのふたみち〕【鸚鵡返文武二道】

黄表紙恋川春町作。寛政元年(1789)刊。寛政の改革時の世相を風刺した内容により、著者は松平定信から出頭を命ぜられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鸚鵡返文武二道の関連キーワード黄表紙金々先生栄花夢恋川春町三春町勝川春林北川春政倉橋寿平恋川好町恋川ゆき町酒上不埒

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone