コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿子木寂心 かのこぎ じゃくしん

2件 の用語解説(鹿子木寂心の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿子木寂心 かのこぎ-じゃくしん

?-1549 戦国時代の武将。
肥後(熊本県)隈本(くまもと)城主。天文(てんぶん)4年ごろまでは大友義鑑(よしあき)の弟で隈本にはいった菊池義武に協力。豊後(ぶんご)(大分県)の大友氏と義武の不和が決定的になると大友方につき,義武や相良(さがら)氏と対立した。天文18年3月3日死去。名は親員(ちかかず)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鹿子木寂心

没年:天文18.3.3(1549.3.31)
生年:生年不詳
戦国時代の肥後(熊本県)の国人領主。俗名親員。三河守。飽田,詫麻2郡を支配,隈本城主。鎌倉時代肥後鹿子木西庄地頭中原姓鹿子木氏の後裔とみられる。永正13(1516)年の阿蘇山衆徒と彦山の紛争の仲介が史料上の初見。大友重宗(菊池義武)入国後,その老者的地位にあり,隈本古城築城者と伝える。義武と豊後大友氏が対立すると,天文5(1536)年ごろから大友氏側に立って,肥後の目代のごとき立場にあり,義武や相良氏と対立。一時隠退するが家督親俊の死去により復帰。同11年藤崎宮を修造し,後奈良天皇直筆の額を奏請。また私的には三条西実隆から秘蔵の『源氏物語』を購入している。<参考文献>『八代日記』『西巌殿寺文書』『相良文書』

(阿蘇品保夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿子木寂心の関連キーワード肥後赤井家清蘆名盛高阿蘇惟将甲斐宗運隈部親永上坂景重城親冬城親賢中尾五百樹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone