鹿鳴集(読み)ロクメイシュウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿鳴集
ろくめいしゅう

会津八一(あいづやいち)の第二歌集。1940年(昭和15)5月に創元社より出版、題簽(だいせん)自筆、装丁青山次郎。著者の第一歌集『南京新唱(なんきょうしんしょう)』の全作品を含み、以後の作品を収録した。1924年(大正13)『南京新唱』を発表したが、少数の知己を得ただけで、世の知るところとならなかった。以来、16年の歳月を経てこの集を刊行するに至り、ようやくその希有(けう)の詩才を認められるようになった。「いかるがのさとのをとめはよもすがらきぬはたおれりあきちかみかも」など、南都の風物を詠じた作品が多く、『鹿鳴集』は奈良の古寺を愛する人々の座右の書となった。[宮川寅雄]
『『自註鹿鳴集』(1965・中央公論美術出版) ▽原田清著『会津八一 鹿鳴集評釈』(1998・東京堂出版) ▽吉野秀雄著『鹿鳴集歌解』(中公文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android