コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿鳴集 ロクメイシュウ

2件 の用語解説(鹿鳴集の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろくめいしゅう〔ロクメイシフ〕【鹿鳴集】

会津八一の歌集。昭和15年(1940)刊。大正13年(1924)に刊行された著者の第一詩集「南京新唱」の全作品と以降の作品を収録。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿鳴集
ろくめいしゅう

会津八一(あいづやいち)の第二歌集。1940年(昭和15)5月に創元社より出版、題簽(だいせん)自筆、装丁青山次郎。著者の第一歌集『南京新唱(なんきょうしんしょう)』の全作品を含み、以後の作品を収録した。1924年(大正13)『南京新唱』を発表したが、少数の知己を得ただけで、世の知るところとならなかった。以来、16年の歳月を経てこの集を刊行するに至り、ようやくその希有(けう)の詩才を認められるようになった。「いかるがのさとのをとめはよもすがらきぬはたおれりあきちかみかも」など、南都の風物を詠じた作品が多く、『鹿鳴集』は奈良の古寺を愛する人々の座右の書となった。[宮川寅雄]
『『自註鹿鳴集』(1965・中央公論美術出版) ▽原田清著『会津八一 鹿鳴集評釈』(1998・東京堂出版) ▽吉野秀雄著『鹿鳴集歌解』(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿鳴集の関連キーワード会津八一武津八千穂堀江知彦五島美代子竹の里歌類題和歌集秋艸忌新潟市會津八一記念館岡千里玉井清弘

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿鳴集の関連情報