コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麛坂皇子 かごさかのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麛坂皇子 かごさかのおうじ

記・紀にみえる仲哀天皇皇子
母は彦人大兄(ひこひとのおおえ)の王女,大中姫(おおなかつひめ)。「日本書紀」によれば,仲哀天皇の没後,神功(じんぐう)皇后が筑紫(つくし)で生んだ皇太子(のちの応神天皇)と皇位をめぐって対立。同母弟の忍熊(おしくまの)皇子とともに皇后,皇太子を討とうと計画,菟餓野(とがの)でその成否をうらなう祈狩(うけいがり)をしたが,赤猪にくい殺されたという。「古事記」では香坂王。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かごさかのみこ【麛坂皇子】

仲哀天皇の皇子。母は天皇の叔父彦人大兄の女の大中姫。《日本書紀》によれば,神功皇后がのちの応神天皇を筑紫で生んだために,仲哀天皇死後の皇位をめぐって対立。同母弟の忍熊(おしくま)皇子とともに播磨の明石で迎え討とうとするが,菟餓野(つがの)で〈もし事を成すこと有らば,必ず良き獣を獲む〉と祈狩(うけいがり)した皇子は,出現した赤猪に食い殺されたという。《古事記》も香坂王としてほぼ同内容の物語を伝えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

麛坂皇子の関連キーワード忍熊皇子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android