忍熊皇子(読み)おしくまのみこ

百科事典マイペディアの解説

忍熊皇子【おしくまのみこ】

日本書紀》《古事記》にみえる人名。忍熊王とも。仲哀天皇皇子,母は大中姫。仲哀天皇の死後神功皇后がのちの応神天皇を生んだため,同母兄の【かご】坂(かごさか)皇子とともに皇位継承をめぐって対立。菟道(うじ)(宇治),逢坂(おうさか)で敗れ瀬田(せた)の渡(わたし)で水死したとされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍熊皇子 おしくまのおうじ

記・紀にみえる仲哀(ちゅうあい)天皇の皇子。
母は大中姫(おおなかつひめ)。仲哀天皇没後の神功(じんぐう)皇后摂政元年,兄の麛坂(かごさかの)皇子とともに兵をあげて神功皇后を討とうとした。武内宿禰(たけしうちのすくね),武振熊(たけふるくま)らと逢坂(おうさか)でたたかって敗走したのち,近江(おうみ)(滋賀県)の瀬田川(または琵琶湖)に入水した。「古事記」では忍熊王。
【格言など】いざ吾君(あぎ)振熊が痛手負はずは鳰鳥(にほどり)の淡海(あふみ)の湖(うみ)に潜(かづ)きせなわ(辞世,「古事記」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おしくまのみこ【忍熊皇子】

忍熊王ともいう。仲哀天皇の皇子。母は天皇の叔父彦人大兄の女の大中姫。《日本書紀》によれば,神功皇后がのちの応神天皇を筑紫で生んだために,仲哀天皇死後の皇位をめぐって対立。同母兄の麛坂(かごさか)皇子とともに播磨の明石で迎え討とうとするが,麛坂皇子の横死で退き,菟道(うじ)で戦って,武内宿禰や武振熊(たけふるくま)の軍に敗退した。さらに逢坂でも敗れて,瀬田の渡しで水死,遺体が菟道河で発見されたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android