コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄景仁 こうけいじんHuang Jing-ren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄景仁
こうけいじん
Huang Jing-ren

[生]乾隆14(1749)
[没]乾隆48(1783)
中国,清の詩人。江蘇省武進県の人。字,漢 鏞。号,鹿菲子。貧困に生涯苦しんだ。詩は七言に巧みで,李白の風があると評され,不遇を詠じて寂寞とした作や,世を憤る作などが多い。詞,駢文 (べんぶん) にも秀でた。日本でも明治後期によく読まれた。著書『両当軒集』『竹眠詞』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうけいじん【黄景仁 Huáng Jǐng rén】

1749‐83
中国,清代中期,江蘇省武進出身の詩人。字は仲則。若くして詩才をみとめられたが,貧窮と病弱に悩みながら,地方試験に及第することもなく,地方高官の秘書,北京での四庫全書館館員をつとめて夭折した。夢と幽(くら)さと愁いをおりこみながら感傷的に苦吟する詩編には,乾隆期の繁栄にとりのこされた一青年の抒情がある。親友の洪亮吉の評に〈露に咽(むせ)ぶ秋虫,風に舞う病鶴の如し〉と。【松村 昂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄景仁
こうけいじん
(1749―1783)

中国、清(しん)代の詩人。字(あざな)は仲則、号は鹿菲子。江蘇(こうそ)省武進の出身。4歳で父を失い、貧困のうちに詩に開眼した。官吏としては志を得ず、また病気がちだったが旅を好んで全国に足跡を残した。その詩才は大官朱(しゅいん)や翁方綱(おうほうこう)などに愛され、洪亮吉(こうりょうきつ)と親交があった。多愁多感で、乾隆(けんりゅう)の詩人たちのなかでは、もっとも個性的、そして叙情性に富む。35歳で肺患のため山西省解州で死んだ。郁達夫(いくたつふ)の小説『采石磯(さいせっき)』は黄景仁を主人公とした作。ほかに『両当軒詩集』16巻がある。[佐藤一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

黄景仁の関連キーワード佐藤一郎黄仲則七言李白朱筠

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android