黄鯛(読み)キダイ

大辞林 第三版の解説

きだい【黄鯛】

スズキ目の海魚。全長35センチメートル 内外。タイの一種で、体形・体色ともにマダイに似るが、全体に黄色みを帯び頭部・背部に黄色の斑紋がある。食用にして美味。本州中部以南の泥質の海底に分布し、東シナ海に多い。レンコ。レンコダイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄鯛 (キダイ)

動物。タイ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐だい ‥だひ【黄鯛】

〘名〙 タイ科の海産魚。全長四五センチメートルに達する。体色は黄赤色で、特には黄色みが強い。体にマダイのように青色の小斑点はなく、背面に不明瞭な黄色の円紋がある。両顎に臼歯を欠くこともマダイとの著しい相違点。本州中部以南から東シナ海にかけて分布。味は美味で、マダイ、チダイ代用となる。れんこ。れんこだい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android