コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄麻紙 おうまし

5件 の用語解説(黄麻紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄麻紙
おうまし

「こうまし」とも呼ばれる麻紙 (あさがみ) の一種。シナノキ科に属する落葉草木を原料としてすいた紙。古くは中国唐代において詔書に用いられ,日本では写経用としておもに利用されていた。現代では化学パルプなどとの混合で封筒,荷札,型紙などとして利用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おうま‐し〔ワウマ‐〕【黄麻紙】

オウマ化学パルプを配合して作った紙。封筒・包装紙などに用いる。
キハダで染めた麻紙。奈良時代、多く写経用に漉(す)かれた。黄紙(おうし)。こうまし。

こうま‐し〔クワウマ‐〕【黄麻紙】

おうまし(黄麻紙)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうまし【黄麻紙】

虫害を防ぐためにキハダなどで染めた黄色い麻紙。奈良時代、写経に用いられた。きのまし。黄紙。こうまし。

こうまし【黄麻紙】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の黄麻紙の言及

【写経】より

…材料は古くは絹も用いられたが,一般に麻紙,穀紙が多く使われ,これを黄色,藍色などに染めることもおこなわれた。とくに黄麻紙がよく使われ,これに木軸をつけて巻子本(かんすぼん)にするのがふつうである。 仏教徒は経典を仏法僧の三宝の一つ〈法宝〉として仏に準ずる尊敬をはらい,写経の目的は父母,師僧,愛子の追善や皇帝にささげるため,また自己の解脱のためにする宗教行為であるから,その書写は謹厳にして誤脱のないように努めたのは当然である。…

※「黄麻紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄麻紙の関連情報