コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄紙 オウシ

デジタル大辞泉の解説

おう‐し〔ワウ‐〕【黄紙】

黄麻紙(おうまし)2

き‐がみ【黄紙】

江戸時代、奉行などが上司に差し出す伺い書に添付した黄色の紙片

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうし【黄紙】

〈おうし〉とも読む。キハダ(黄蘗(おうばく))で染めた黄色い紙で,中国の六朝時代から虫害を防ぐために,おもに経典の用紙とされた。キハダは樹皮に苦味成分としてアルカロイドベルベリンを多量に含み,これが黄色の色素であるとともに防虫効果をもつ。日本でも奈良時代には,写経所を中心に黄紙が大量に染められた。写経のほか詔勅など長く保存される文書に用いられ,伊勢の斎宮(いつきのみや)の忌詞(いみことば)で経典のことを〈染紙(そめがみ)〉というのも,経典が黄紙に書写されるのが多かったためであるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の黄紙の言及

【黄紙】より

…キハダは樹皮に苦味成分としてアルカロイドのベルベリンを多量に含み,これが黄色の色素であるとともに防虫効果をもつ。日本でも奈良時代には,写経所を中心に黄紙が大量に染められた。写経のほか詔勅など長く保存される文書に用いられ,伊勢の斎宮(いつきのみや)の忌詞(いみことば)で経典のことを〈染紙(そめがみ)〉というのも,経典が黄紙に書写されるのが多かったためであるという。…

【紙】より

…こうした紙の流行にもかかわらず,晋の時代にはまだ簡牘(かんとく)の使用が続いた。東晋末に安帝を廃して楚国を建てた桓玄(かんげん)は,公式の文書に簡牘を使用することをやめ,〈黄紙〉を採用することを命令した。黄紙は虫害を避けるため,紙の黄蘗(キハダ)で染めたものである。…

※「黄紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄紙の関連キーワード口中の雌黄土佐和紙黄巻赤軸江戸時代黄麻紙大間書黄全紙反古座紙銭位記

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄紙の関連情報