コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻紙 あさがみ hemp paper

5件 の用語解説(麻紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麻紙
あさがみ
hemp paper

麻の繊維を原料につくられた紙。「まし」とも呼称される。麻は古代の紙の主要原料の一つであり,日本においても古くから製造・利用され上麻紙,黄麻紙,色麻紙などの多くの種類があった。しかし原料調達や製法上の問題から,平安期以後はしだいに衰えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ま‐し【麻紙】

麻布または麻の繊維を原料として漉(す)いた紙。古代、写経などに用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まし【麻紙】

楮紙(こうぞがみ)(穀紙(こくし))や雁皮紙(がんぴし)(斐紙(ひし))とともに,古代の和紙の代表的な三紙の一つであった。遺跡から発掘された最古の紙は,いずれも麻紙で,タイマやチョマを原料とし,なかには砕き切れずに残った麻布の切れ端が混じっているものもある。このように古い歴史をもつため,古代においては貴い高級紙とみなされ,正倉院宝物の目録(国家珍宝帳など)のような重要な文書は白麻紙に記されている。アサの繊維は強靱(きようじん)で長い繊維であるため,紙の原料とするには5mm~2cmほどの長さに切断する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まし【麻紙】

麻布または麻の繊維を漉いて作った紙。古代、貴重な紙とされ、写経や重要文書に用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麻紙
まし

アサの繊維を原料とした紙。麻布や生(なま)のアサ繊維を使って紙を漉(す)くことは、もっとも古くから行われていた方法であるが、そのころのアサはタイマ(大麻)やマオ(苧麻)が区別されることもなく用いられていた。飛鳥(あすか)時代には唐から白(はく)麻紙、黄(おう)麻紙、緑(みどり)麻紙などとよばれる種類が輸入されたが、奈良時代にはわが国でも抄造され、当時の麻紙類が正倉院に現存している。また『延喜式(えんぎしき)』にみられる図書寮紙屋院(ずしょのりょうしおくいん)の抄紙規定では、楮紙(こうぞがみ)や斐紙(ひし)の抄造数に比べて麻紙の1日の責任量が十数枚少なくされていることから、それだけ手数を要したことがわかる。また同じく書写の規定では、麻紙に筆記する字数を楮紙などよりも年間を通して1日量につき100字少なくしている。このように麻紙は抄造においても使用上においても能率が悪くて不便なため、平安時代なかばにはまったく使用されなくなった。しかし、特別な場合には色紙や書画紙として漉かれることもあり、現代でも求めに応じ、福井県今立(いまだて)や京都府黒谷などで漉いている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の麻紙の言及

【紙】より

… 初期の製紙には麻が主要な原料であったが,蔡倫の改良によって多くの植物繊維が使用されるようになった。唐の欧陽詢の《芸文類聚》巻五十八に三国魏の董巴の文章を引用し,〈東京(洛陽)に蔡侯紙あり,故麻を用いるものを麻紙といい,木皮を榖紙と名づけ,故漁網を網紙と名づける〉とある。このうち,原料となった木皮は榖すなわち楮であった。…

【楮紙】より

…以上のようにして,多種多様の特色をもつ各地のコウゾが多様な楮紙を生み,ひいては和紙の内容を豊富なものにしている。
[生産・用途]
 古代の和紙の代表的な紙は,楮紙・雁皮紙(がんぴし)・麻紙(まし)の3種であり,とくに麻紙は最も尊いとされたが,正倉院に残る和紙の調査によると,麻紙と称される紙にも楮紙が多いといわれる。また,当時はコウゾとガンピを混合して用いる場合が多かった。…

【料紙】より

…文書をはじめ典籍,経典等の文字を書くときに使用する紙のこと。日本で用いられた料紙は,原料によって麻紙,楮(こうぞ)紙,斐(ひ)紙,三椏(みつまた)紙等がある。麻紙は白麻,黄麻を原料とした紙で,奈良時代から平安時代初期に多く用いられ,特に写経用として珍重された。…

【和紙】より


[歴史]
 従来,中国の蔡倫(さいりん)が105年に紙を発明したとされてきた(《後漢書》)。しかし,近年,中国でそれをさかのぼる年代の紙がつぎつぎと発掘されており,すでに前漢時代(前206‐後8)には麻を原料とした紙(麻紙)があったことが明らかになっている。紙の製法を日本に伝えたのは,610年(推古18)に渡来した高句麗の僧曇徴といわれてきた(《日本書紀》)。…

※「麻紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

麻紙の関連キーワード雁皮紙楮紙榖紙ぞぞ髪奉書紙細川紙構造谷生漉紙福島県いわき市内郷綴町楮ケ久保八女紙

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

麻紙の関連情報