コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒井 くろい

2件 の用語解説(黒井の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒井
くろい

兵庫県中東部,丹波市中東部の旧町域。 1955年4村と合体して春日となり,2004年5町と合体して丹波市となった。播磨地方から京都に通じる交通の要地で,14世紀赤松氏が城山 (356m) に城を構えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒井
くろい

兵庫県中東部、丹波(たんば)市春日(かすが)町の中心地区。旧黒井町。周辺の物資集散地。JR福知山線黒井駅がある。戦国時代の山城(やまじろ)遺構を残す黒井城(別名保月(ほげつ)城)跡があり国の史跡に指定されている。徳川3代将軍家光(いえみつ)の乳母(うば)、春日局(かすがのつぼね)の生地でもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の黒井の言及

【春日[町]】より

…由良川支流竹田川の上流域にあり,川沿いに水田が広がるほかは山地が大部分を占める。中心集落はJR福知山線の駅のある黒井で,中世に赤松氏,赤井氏が拠った黒井城跡がある。稲作と酪農を中心とする農業が主産業で,丹波ナスの産地としても知られ,観光梨園などもある。…

※「黒井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒井の関連情報