コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒御影 くろみかげ

4件 の用語解説(黒御影の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒御影
くろみかげ

閃緑岩 (せんりょくがん) ,斑糲岩 (はんれいがん) など黒色の深成岩の石材の俗称。岩手県一戸町,福島県三春町などが代表的産地。鹿児島市佐世保市より産出する黒色のガラス質安山岩の石材も黒御影と呼ばれることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

黒御影【くろみかげ】

斑レイ岩,時にはセン緑岩の石材名。花コウ岩のように粗粒完晶質だが,長石と石英が少なく色が黒いのでこの名がある。国内での産出は少なく,ほとんど外国(インド南アフリカ中南米など)からの輸入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の黒御影の言及

【浮金石】より

…福島県郡山市と田村郡船引町にまたがる黒石山に産する斑レイ岩の石材名。日本の代表的な黒御影であるが,岩盤を切り出すわけではなく,山腹に露出する玉石を割って採石する。したがって大材を得ることができず,第2次世界大戦後しばらくは建築に使われていたが,外国からの石材輸入が盛んになると建築材としての利用は後を絶ち,現在は墓石材がほとんどである。…

【石材】より

…赤御影と呼ばれるその種の花コウ岩は原石の形で大量に輸入され,建築用に利用されている。花コウ岩と同じ深成岩に属する斑レイ岩は,有色鉱物を含み色調暗く,黒御影と呼ばれている。国内では福島県黒石山(浮金石),山口県須佐に産するがいずれも小規模であり,ほとんどが墓石材で建築用はもっぱら輸入材に頼る(〈御影石〉の項目参照)。…

【御影石】より

…このため,御影地方に産する本来の御影石を本御影と呼んで区別することがある。御影石ではさらにその色調によって分けた白御影,桜御影,赤御影,黒御影などの呼称が広く行われている。白御影は日本で普通にみられる黒雲母花コウ岩の類,桜御影はその長石が桜色をしているもの,赤御影はカリ長石を多量に含む赤い色調の花コウ岩であるが,黒御影は有色鉱物を含むセン緑岩や斑レイ岩,セン長岩の一部などを指している。…

※「黒御影」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒御影の関連情報