コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒皮症 こくひしょうmelanosis

翻訳|melanosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒皮症
こくひしょう
melanosis

全身あるいは一部の皮膚後天性色素が沈着して,黒褐色褐色,紫灰色などを呈した状態。アジソン病では生理的に色素の多い部位に顕著な沈着がみられるが,本症ではそれ以外に手掌足底,口腔粘膜などにも高度の色素沈着を認める。リール黒皮症あるいは女子顔面黒皮症と呼ばれる疾患では,女子の顔面に 瘙痒性の紅斑落屑性病変が生じ,のちに紫灰色の色素沈着をみる。発赤や小丘疹を伴うこともある。病因の多くは化粧品かぶれである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こくひ‐しょう〔‐シヤウ〕【黒皮症】

顔面などの皮膚が色素沈着のために黒ずんで、褐色や紫灰色などを呈する症状。化粧品などに含まれる化学物質や、過敏な体質などが原因とされる。女子に多く、女子顔面黒皮症ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こくひしょう【黒皮症 melanosis】

瀰漫(びまん)性のメラニン色素の沈着により皮膚が黒褐色,灰褐色調を呈するものをいう。全身性のものとしては,ヒ(砒)素黒皮症,慢性副腎皮質不全症であるアジソン病患者や,末期の悪性黒色腫患者の皮膚などにみられるが,いずれもきわめてまれなものである。主として中年期以後の女性の顔面にみられる女子顔面黒皮症melanosis faciei femininaは,第1次大戦直後にオーストリアで多発し,リールG.Riehlによって報告された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくひしょう【黒皮症】

皮膚に黒褐色ないし紫褐色の色素沈着を生じた状態。アジソン病、ヒ素中毒、化粧品や香料による皮膚炎が原因となってしみのできる女子顔面黒皮症が有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

黒皮症の関連キーワードおもな皮膚病変の俗名と学名メラノージス化粧品皮膚炎メラニズム戦闘疲労ヒ素中毒皮膚炎しみ香料薬疹

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒皮症の関連情報