コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒鶴 クロヅル

デジタル大辞泉の解説

くろ‐づる【黒鶴】

ツル科の鳥。小形で、全長約1.1メートル。頭頂が赤く、くびが黒と白で、体は灰色。ユーラシアの温・寒帯に分布し、日本では数の少ない冬鳥 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くろづる【黒鶴】

ツル目ツル科の鳥。全長1.1メートル 内外。体は淡灰色で首は黒く、目の後ろから白い縦帯がのびる。ヨーロッパ北部からシベリア東部にかけて繁殖し、日本には、冬、他のツルの群れにまじって少数が渡来する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黒鶴 (クロズル)

学名:Grus grus
動物。ツル科の渡り鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

黒鶴の関連キーワード群れ内外少数

黒鶴の関連情報