コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1次独立 いちじどくりつlinearly independent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1次独立
いちじどくりつ
linearly independent

ベクトル x1x2,…,xn を座標系として,その1次結合で部分空間を張るとき,x1x2,…,xn の間にむだがなく,ちょうど n 次元になるとき1次独立といい,この間に1次的な関係の意味で重なりがあるとき,1次従属 linearly dependentという。 x1x2,…,xn を,体 K 上のベクトル空間 V の元とするとき,K の元 a1a2,…,an による1次結合

ya1x1a2x2+…+anxn

という表現の a1a2,…,an が一意的な場合が1次独立,そうでない場合が1次従属である。これは,y0 のときだけいえばよく,すなわち

a1x1a2x2+…+anxn0

について,ai のうち0でないものがあって,1次的な関係があるというのが1次従属である。これは,そのときの xi がほかのベクトルの1次結合で表わされて,いわばむだになっていることを意味する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

1次独立の関連キーワードlinearly dependentマセオ・イ・グラハレスイタリア独立戦争基本ベクトルカマグエイロバーニオルギン正則行列基底単体

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android