コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

200カイリ水域 にひゃくかいりすいいき

1件 の用語解説(200カイリ水域の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

200カイリ水域【にひゃくかいりすいいき】

領海を測り始める基線から沖へ200カイリ(約370km)までの水域。海洋法国際会議で,多くの発展途上国の支持を得て,経済水域または漁業専管水域として普及した。日本では1996年の国連海洋法条約の発効で確定。
→関連項目漁獲可能量規制漁業漁業水域最大持続生産量サケ・マス漁業資源管理型漁業ストラドリング・ストック日米加漁業条約日米漁業交渉日露漁業交渉日ソ漁業条約北洋漁業母川国主義マリノフォーラム21

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

200カイリ水域の関連キーワード基線測量領海沿岸海隗より始めよ地嵐滑り出す出し風言始める手斧始め特定水域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

200カイリ水域の関連情報