200カイリ水域(読み)にひゃくかいりすいいき

百科事典マイペディア「200カイリ水域」の解説

200カイリ水域【にひゃくかいりすいいき】

領海を測り始める基線からへ200カイリ(約370km)までの水域。海洋法国際会議で,多くの発展途上国の支持を得て,経済水域または漁業専管水域として普及した。日本では1996年の国連海洋法条約発効で確定。
→関連項目漁獲可能量規制漁業漁業水域最大持続生産量サケ・マス漁業資源管理型漁業ストラドリング・ストック日米加漁業条約日米漁業交渉日露漁業交渉日ソ漁業条約北洋漁業母川国主義マリノフォーラム21

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android