ALCOA(読み)アルコア

世界大百科事典 第2版の解説

アルコア【ALCOA】

アルミナム・カンパニー・オブ・アメリカAluminum Co.of Americaの通称。アメリカ最大のアルミ・メーカーで,アルキャン・アルミニウムと並ぶ世界二大アルミ地金メーカーの一つ。本社ピッツバーグ。原料ボーキサイトの採掘から製錬,加工品製造まで一貫生産しており,アルミ新地金の世界市場シェア16~17%を占める。前身は,アルミ電解法の発明者C.M.ホールと企業家A.E.ハントによって1888年に設立されたアルミ製錬会社ピッツバーグ・リダクション社である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のALCOAの言及

【メロン財閥】より

…この財閥の産業界でのおもな基盤は,アルミニウムと石油であるが,前者は1888年,アルミニウム精錬の新方法を実験していた3人の技術者に多額の資金を貸し付け,ピッツバーグ・リダクション社を設立させたことに始まる。同社は,1909年にアルミナム・カンパニー・オブ・アメリカ(略称ALCOA(アルコア))と改称,原料から製品販売までの垂直統合によって新規参入を阻み,半世紀にわたってアメリカのアルミニウム工業を独占し,メロン財閥のドル箱となった。一方,1901年,テキサス州で発見された新油田の採掘を企てていたガフィー・オイル社の資金枯渇に乗じて,その株式の大半を買い占め,事実上これを支配してロックフェラーの石油独占に対抗した。…

【アルキャン・アルミニウム[会社]】より

ALCOA(アルコア)社と並ぶ世界二大アルミ地金メーカーの一つ。アルキャンと略称されることが多い。…

【メロン財閥】より

…この財閥の産業界でのおもな基盤は,アルミニウムと石油であるが,前者は1888年,アルミニウム精錬の新方法を実験していた3人の技術者に多額の資金を貸し付け,ピッツバーグ・リダクション社を設立させたことに始まる。同社は,1909年にアルミナム・カンパニー・オブ・アメリカ(略称ALCOA(アルコア))と改称,原料から製品販売までの垂直統合によって新規参入を阻み,半世紀にわたってアメリカのアルミニウム工業を独占し,メロン財閥のドル箱となった。一方,1901年,テキサス州で発見された新油田の採掘を企てていたガフィー・オイル社の資金枯渇に乗じて,その株式の大半を買い占め,事実上これを支配してロックフェラーの石油独占に対抗した。…

※「ALCOA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android