コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ARPU アープ ARPU

3件 の用語解説(ARPUの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アープ【ARPU】[average revenue per user]

average revenue per user》⇒エー‐アール‐ピー‐ユー(ARPU)

エー‐アール‐ピー‐ユー【ARPU】[average revenue per user]

average revenue per user》携帯電話などの通信事業における、顧客一人当たりの平均売上高。ふつう、1か月当たりの売上高を指すため、利用者にとっての平均月額料金に等しい。通話に関する音声ARPUデータ通信に関するデータARPUがあり、その合計を指す場合は総合ARPUともいう。アープ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ARPU
えーあーるぴーゆー

電気通信事業者の経営状態を示す代表的な指標で、加入者1人当りの平均売上げのこと。average revenue per userの略称であり、月間の売上げを加入者数で割って算出する。
 通信事業者が売上げを伸ばすためには、加入者を増やすかARPUを引き上げるかの二つしか方法はない。日本の携帯電話事業者は、スマートフォンの普及に伴いデータ通信料が伸びている一方、音声通話収入は定額かけ放題サービスの導入や無料通話アプリの普及などにより減少傾向にある。普及率が一定の水準に達し加入者の伸びがほとんどないなかで、ARPUの低下をどのように抑えるかが各社の課題になっている。
 ARPUと類似する指標に、AMPU(average margin per user)がある。これは加入時のキャッシュバック特典など販売経費を除外した加入者1人当りの月間粗利益であり、携帯電話事業者の収益性を評価するためにはAMPUのほうが適しているが、各社とも公表していない。また、分母をユーザー数ではなく、ユーザーが料金支払いにあてている銀行口座アカウント数とするARPA(average revenue per account)という指標もあり、アメリカの大手携帯電話事業者ではこれが採用されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ARPUの関連キーワードIRO海損PEHMRCVASCARMACD必要量ペクレ数ジーピーエー(GPA)エフエペ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ARPUの関連情報