コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ATS エーティーエス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ATS
エーティーエス

自動列車停止装置。 automatic train stopの略。列車が停止信号を越えて走行しようとしたとき,追突事故を防ぐため自動的にブレーキがかかり列車を停止させる装置。 1962年の三河島事故を機に,全国的に整備された。さらに安全性を高めたものがATC (自動列車制御装置) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エー‐ティー‐エス【ATS】[automatic train stop]

automatic train stop》停止信号の手前で自動的に停車させる、列車の運転制御装置の一。自動列車停止装置

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ATS【エーティーエス】

automatic train stop deviceの略。自動列車停止装置。信号機が停止または警戒を現示するとき,その手前にある地上装置上を列車が通過すると,車上装置の赤色灯が点灯しブザーが鳴る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ATS

正式社名「株式会社ATS」。英文社名「ATS Co., Ltd.」。情報・通信業。昭和37年(1962)「都築通信建設株式会社」設立。同61年(1986)「都築通信技術株式会社」に改称。平成17年(2005)「株式会社TTG」に改称。同18年(2006)持株会社化にともない、「株式会社TTGホールディングス」に改称。同20年(2008)現在の社名に変更。本社は東京都品川区西五反田。情報システム事業と電気通信設備工事受託が主柱。JASDAQ旧上場。平成19年(2007)上場廃止。同21年(2009)「株式会社TTG北海道」に吸収合併。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エーティーエス【ATS】

automatic train stop deviceの略。自動列車停止装置と訳されている。列車が停止信号の手前に接近した場合,一般に運転士に警報を発し,所定の運転操作がなされなかったときには列車を自動的に停止させる装置。鉄道【結城 淳一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ATS

〖automatic train stop〗
自動列車停止装置。運転士の操作がなくても、赤信号の手前で列車を自動的に停止させる装置。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のATSの言及

【鉄道】より


【運転保安設備】
 列車を安全,正確に運転するためには,軌道や電車線などの構造物や車両のほかに,とくに安全を確保するための運転保安設備が必要となる。この運転保安設備には,列車の運転間隔を確保するための閉塞装置・信号装置,停車場における進路を確保するための連動装置,また災害などの場合の運転線路の異常を検知し列車を防護するための各種警報装置などがあり,さらには,信号装置などの地上設備と列車とを有機的に結びつけ列車運転の安全を図るATS,ATC,ATOなどがある。これらに加えて,近代化設備としてのCTC,さらにはARC,PRCなどがあり,これらも広い意味で保安設備の範疇に入れられている。…

※「ATS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ATSの関連キーワードautomatic train stop device国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の最終報告JR北海道のトラブルや不祥事山崎正夫前社長の起訴内容安全フォローアップ会議山崎前社長の起訴内容エチミアツィン大聖堂JR福知山線脱線事故JR宝塚線脱線事故山崎前社長起訴内容列車自動停止装置エリザベス2世車体傾斜式列車顔黒大腿太花虻静止気象衛星安松飛竹節虫Sレジスター可搬型ATS出羽の立波草ダークプール

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ATSの関連情報