コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B級映画 ビーきゅうえいがB-picture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

B級映画
ビーきゅうえいが
B-picture

アメリカで 1930年代から 40年代にかけて量産されていた映画を指し,劇映画2本立ての興行が主流であった当時,メインとなるA級映画に対し,2次的な位置を占める作品。製作費や宣伝費をあまりかけず,出演俳優の知名度が低く,製作日数も短いのが特徴で,内容的にもなじみのあるジャンルから選んだ主題を焼き直ししたものが多い。しかしこれらの中から,V.リュートン製作のホラー映画など,芸術的に成功を収める作品も生まれている。また最近,研究者の間から,陰にあったB級映画を再評価しようとする動きも出てきている。日本では大型予算をかけた大作などに対し,定期的に映画館に配給される作品をプログラム・ピクチャー,もしくはBクラス作品と呼んでいるが,これとB級映画は必ずしも一致するわけではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

B級映画【ビーきゅうえいが】

ハリウッド用語で,低予算で製作される映画のこと。レコードのA面に対するB面同様,1930年代より始まった2本立ての興行における,メイン作品に対する併映作品を指す。
→関連項目ホッパー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビーきゅうえいが【B級映画 “B”movie】

ハリウッドの用語で,低額予算で製作される映画をさす。レコードのA面に対するB面と同じように,映画館のプログラムの表(メーン)になる“A”の作品に対して,裏の“B”の作品すなわち併映作品の意味であり,したがって〈2本立て興行〉が一般化したときからこの呼称と概念が生じたわけである。なお,〈2本立て〉のプログラムを埋めるために毎週量産される映画を意味する〈プログラム・ピクチャー〉という呼び名も生まれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

B級映画
びーきゅうえいが
‘B’picture

アメリカで1930年代から1940年代にかけて量産されていた映画。日本では大型の予算をかけた大作などに対して、定期的に映画館に配給される作品をプログラム・ピクチャー、もしくはBクラス作品とよぶが、これとB級映画はかならずしも一致しない。アメリカでは、劇映画の2本立て興行が主流であった当時、メインとなるA級映画に対し、添え物的な位置を占める作品がB級映画とよばれていた。製作費や宣伝費をあまりかけず、出演俳優の知名度が低く、製作日数も短いのが特徴で、内容的にもなじみのあるジャンルから選んだ主題を焼き直したものが多い。しかしこれらのなかから、ジャック・ターナーJacques Tourneur(1904―1977)の『キャット・ピープル』(1942)を筆頭とするバル・リュートンVal Lewton(1904―1951)製作の恐怖映画など、映画史的にも注目を集める作品も生まれてきている。[奥村 賢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のB級映画の言及

【SF映画】より


[H.G.ウェルズからB級映画へ]
 SF映画の歴史は,1895年,イギリスの作家H.G.ウェルズが彼の空想科学小説《タイム・マシン》(1895)のイメージを,友人の科学者R.ポールの協力のもとに,当時発明されたばかりの〈映画〉と幻灯を駆使して,遊園地のびっくりハウス的な幻覚ショーを催したときに始まる。これは一種の疑似体験としての世界最初の視聴覚メディアの実験でもあった。…

※「B級映画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

B級映画の関連キーワードニコルソン(Jack Nicholson)フラー(Samuel Fuller)ロジャー・ウィリアム コーマンデイヴィッド ヘミングスクリント・イーストウッドピーター グレーブスジャック ニコルソンプログラムピクチャーファーディ メインキム ベーシンガーたかすのばば・ばばクレア トレヴァーロジャー コーマンルアナ アンダーススコット・ヘロンヌーベル・バーグボリス カーロフケビン コスナータランティーノアラン ラッド

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

B級映画の関連情報