コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CMOSイメージセンサー CMOSいめーじせんさー/しーもすいめーじせんさー/しーえむおーえすいめーじせんさーCMOS image sensor

知恵蔵の解説

CMOSイメージセンサー

CMOS(相補型金属酸化膜半導体)を使った固定撮像素子。従来、イメージセンサーといえばCCD(電荷結合素子)だった。これに代わり近年、CMOSイメージセンサーへの期待が高まっている。複数の電源が必要なCCDイメージセンサーに対して、CMOSイメージセンサーは1つの電源で済み、消費電力が約1桁小さいのが特徴。また、他のLSIと共通な汎用CMOSプロセスで製造できるため、安価で高機能なイメージセンサーが実現可能。携帯電話の画像入力部品として使われている。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シーモス‐イメージセンサー【CMOSイメージセンサー】

CMOS image sensorCMOSを用いた撮像素子。デジタルカメラなどに利用される。CCDに比べて消費電力が小さい。CMOSセンサー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CMOSイメージセンサー

CMOS (デジカメ)」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

CMOSイメージセンサーの関連キーワード有機薄膜CMOSイメージセンサー有機CMOSイメージセンサー裏面照射型CMOSセンサーローリングシャッター現象レンズスタイルカメラiPhone4siPadエアー固体撮像素子動体歪み有機薄膜暗電流

CMOSイメージセンサーの関連情報