コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CPO しーぴーおー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CPO

個人情報保護の社内責任者。近年、個人の情報保護はますます重要性をましているが、たとえ企業がどれだけ情報保護の教育を従業員に徹底させても、部門ごとに対応が異なっていると情報保護への対応は完全とはいえない。そこで、CPOが会社に一貫した情報保護への戦略や方針を組み立て、各部門の情報保護を監視、監督する役割を果たす。CPOには大きく、次のことが求められる。(1)プライバシー責任者としてのリーダーシップ(2)プライバシー重要度を認識する能力とプライバシーポリシーを決定する能力(3)プライバシーから生じた問題を対処、解決する能力である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐ピー‐オー【CPO】[chief petty officer]

chief petty officer》米国海軍曹長。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

CPO

Chief Privacy Officer。日本語で最高個人情報責任者。企業が管理する消費者、社員などの個人情報を保護する管理責任者のことです。執行役員など、上級管理職が担当する場合が多く、社員教育からプライバシーポリシーの構築、監査、評価、システム管理に至るまで情報保護に関する広範な業務を統括します。
(2004/10/25掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

DBM用語辞典の解説

シー・ピー・オー/コスト・パー・オーダー【CPO Cost per Order】

コスト・パー・オーダーともいう。ダイレクト・マーケティング実施の測定をする数値のひとつ。商品を売り出すのに必要なコストを受注した注文数で除算して算出する計算方法。1件の注文を獲得するためにかかった費用を示す。ダイレクト・マーケティング費用が100万円。注文数が500件とすると1件当たりの受注費用は2000円になる。これをCPOという。粗利益率を50%とすると、その他費用は別として、1件注文当たり販売金額は4000円ないと、このプロモーションは赤字であることを示す。さまざまなプロモーション実施の相対的利益率評価にこの数値を利用している。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

CPO

〖chief privacy officer〗
最高プライバシー責任者。企業マネジメント組織上での呼称。顧客に関する個人情報の管理・保護について責任を負う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

CPOの関連キーワード国際手配第1号、人見安雄さんツーリング・エクスプレス法輪功(ほうりんこう)国際刑事警察機構CHELSEA国際逮捕手配書シーシェパード国際捜査共助法国際司法共助フジモリ疑惑サブドメインNIFRELOrbi大阪政治社会学よど号事件国際手配書司法共助鄭 明析電子ゴミCISO

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android