コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CPRM(読み)しーぴーあーるえむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CPRM

コピーワンスのコンテンツ録画・再生する際に利用される著作権保護技術。1枚ごとに固有のIDを持つCPRM対応のDVDメディアを利用して、録画時に暗号化、再生時に復号化する仕組みになっている。そのため、コピーワンスのコンテンツを録画・再生するには、DVDメディアとレコーダーまたはプレイヤーの双方がCPRMに対応している必要がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐ピー‐アール‐エム【CPRM】[content protection for recordable media]

content protection for recordable mediaDVD-RAMDVD-RWなどに採用されている著作権保護技術の一。デジタルデータのコピーを一度に限り許容する方式。→コピーワンス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

シーピーアールエム【CPRM】

記録メディアに用いる著作権保護のための技術のひとつで、「コピーワンス」を実現するもの。これに対応している録画機器に内蔵される「デバイスキー」と、記録メディア一枚一枚に書き込まれた固有の「メディアID」、および記録メディアに書き込まれた「MKB(media key blockの頭文字)」というデータを利用した暗号化技術によってコピー制限をおこなう。◇「content protection for recordable media」の頭文字から。⇒コピーワンス

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CPRM
しーぴーあーるえむ

DVDなどに記録されたコンテンツのコピー回数を制限する著作権保護技術の一つ。Content Protection for Recordable Mediaの略称である。インテル社、IBM社、松下電器産業(現、パナソニック)、東芝の4社が設立した団体、4C Entity(エンティティ)が開発した方式で、地上デジタル放送や衛星(BS、CS)デジタル放送をDVDなどに記録する際に、無制限にデジタルコピーが広がらないようにするための技術である。
 CPRM対応のDVD記録メディアや、SDメモリーカードなどの記録媒体には、メディア1枚ごとに固有のIDとMKB(Media Key Block)とよばれる情報が記録されている。この二つはデジタル放送の録画、再生に必要とされ、CPRMに対応していないプレーヤー(DVDレコーダーなど)では再生できない。CPRM非対応のパソコンなどではコンテンツファイルのコピーは可能であるが、IDやMKBは不能であり、コンテンツの復号時に暗号化に使用したMKBによる暗号鍵(かぎ)が生成されず、コピーしたデータは再生できない。
 2004年(平成16)のCPRM導入当初、コピーは1回(コピーワンス)に制限されていたが、2008年(平成20)より地上デジタル放送や衛星デジタル放送では「ダビング10」とよばれる著作権保護システムが採用されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例