コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)

マーケティング用語集の解説

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)

ITを駆使し顧客との関係強化を図ることにより獲得収益の最大化を図る手法。
顧客データベースを活用し顧客のニーズを細分化し、その顧客群に対し最適なマーケティング・ミックスを適用していく戦略。
One to Oneマーケティングを実現するための手法として近年様々なシステムが提供されています。CRMの流れは

顧客情報の取得

セグメント

セグメントごとの個別施策

となります。
ここで重要なことは、CRMは細分化したターゲット群に対して適切なマーケティング活動を行なって行くための道具であるということ。「IT主導」ではなく「マーケティング主導」であること。CRMシステム導入のポイントは、確固たるマーケティング戦略を構築した上でそこにITを適応させてゆくことです。

出典|(株)マインズマーケティング用語集について | 情報

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の関連キーワードドボルザーク(Antonín Dvořák)マーケティング・インフォメーション・システムカスタマーリレーションシップマネージメントパートナーリレーションシップマネジメントクルー・リソース・マネジメントオペレーショナル業務CRMセラドン石(データノート)クラウドコンピューティングアナリティカルCRM分析LTV(顧客生涯価値)レンガー・パッチュホイップクリームCRM250ARパレートの法則マリアン ルプ認証標準物質化学残留磁気顧客関係管理顧客情報管理E

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の関連情報