コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)

1件 の用語解説(CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の意味・用語解説を検索)

マーケティング用語集の解説

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)

ITを駆使し顧客との関係強化を図ることにより獲得収益の最大化を図る手法。
顧客データベースを活用し顧客のニーズを細分化し、その顧客群に対し最適なマーケティングミックスを適用していく戦略。
One to Oneマーケティングを実現するための手法として近年様々なシステムが提供されています。CRMの流れは

顧客情報の取得

セグメント

セグメントごとの個別施策

となります。
ここで重要なことは、CRMは細分化したターゲット群に対して適切なマーケティング活動を行なって行くための道具であるということ。「IT主導」ではなく「マーケティング主導」であること。CRMシステム導入のポイントは、確固たるマーケティング戦略を構築した上でそこにITを適応させてゆくことです。

出典|(株)マインズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の関連キーワードリレーションシップマーケティング関係性顧客接点築き上げる集団給食補正率カスタマー・インティマシーアフター・マーケティングマージナル・アカウントLTV(顧客生涯価値)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone