EV(読み)いーぶい

翻訳|eV

知恵蔵mini「EV」の解説

EV

電気モーターを動力源とする電動輸送機器(electric vehicle)の略称フォークリフト、ゴルフカートなど電気モーターを用いたすべての移動機器のことだが、一般的には電気自動車のことを指す。原理的に、エネルギー効率が良く、環境にやさしいなどメリットが大きいが、価の高さや運送距離の短さ、充電時間の長さ、電池寿命などのデメリットもあった。しかし、電気自動車が限定販売された1990年ころより格段の技術開発が進み、2000年初めには日・米・欧・アジアの主要メーカーが開発・販売に乗りだしている。また、ガソリン車に比べ製造が容易であることから、慶應義塾大学発の株式会社SIM-Drive(2009年設立)など、ベンチャー企業の参入も盛んになっている。

(2013-2-25)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「EV」の解説

イー‐ブイ【EV】[enterprise value]

enterprise value》経営指標の一つで、株式時価総額に純有利子負債金利をつけて返済する負債から、現金・預金などの流動性を引いた)を加えた額。金融市場から見た企業全体の価値を表すもので、M&Aにおいて買収企業の価値算定に用いる。事業価値。企業価値

イー‐ブイ【EV】[elevator]

elevatorエレベーター。建物の平面図などでエレベーターを表す記号

イー‐ブイ【EV】[electric vehicle]

electric vehicle電気自動車

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android