コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GT ジーティーGT

翻訳|GT

デジタル大辞泉の解説

ジー‐ティー【GT】[group technology]

group technology類似部品加工法。類似性のある部品同士をある段階で同一手順で加工し、生産性を上げる生産管理技術。

ジー‐ティー【GT】[gross tonnage]

gross tonnage》船舶の、総トン数

ジー‐ティー【GT】[Greenwich Time]

Greenwich Timeグリニッジ標準時。GTM。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

GT

アメリカの自転車ブランド。元溶接工の創業者ゲイリー・ターナーが息子のためにBMXレーサーを製作したことをきっかけに、1979年に創設。タフなMTB、BMX車で人気を集め、ロードバイククロスバイクにも進出。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

GT

〖grand touring car〗

GT

GT

〖group technology〗
グループ-テクノロジー。自動化された工場で製品の多品種少量生産を効率化するため、類似部品をグループに分け、設計・生産計画を立てること。類似部品加工法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

GT
じーてぃー

乗用の自動車の型式名で、グラン・ツリスモgran turismo(イタリア語)、グランド・ツーリングカーgrand touring car(英語)の略。車体型式ではなく、車の性格を表す。語源は「長距離旅行用車」の意で、一般の路上で使用できる実用性と快適さをもち、しかも高性能な量産スポーツカーをいう。第二次世界大戦直後までスポーツカーの標準的な型式はスパルタンな(走行性を重視した質実剛健な)オープン2座であったが、その後社会全体の近代化の結果、スポーツカーにも優れた居住性が要求されるようになり、屋根付きのクーペを中心とするGTが主力を占めるようになった。1970~80年代には大型で強力、豪華なイメージのGTが一般のスポーツカーの主流となった。一方レースの世界でも、第二次世界大戦後レース用スポーツカーの専門化が進み、本来の趣旨からかけ離れてしまったので、より実用性の高いスポーツカーによるレースを復興させるために、1950年代の末にGTという新しいカテゴリーが設けられた。[高島鎮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

GTの関連キーワードプリンススカイライン2000GT S54型group technologyDAN DAN 心魅かれてくDon't you see!ラルフ(Jr.) ファーマンヤマハ発動機とトヨタ自動車gross tonnageタグ(コンピュータ用語)プリミエ ラックブラックグランドツーリングカーエボ★レボリューションロイック デュヴァルアンドレ ロッテラーツーリングカーレースカルロ バン・ダム涙のアトが消える頃ガンダムレオパルドアルファロメオGTミハエル クルムギリギリHERO

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

GTの関連情報