コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IMF‐JC アイエムエフジェーシー

1件 の用語解説(IMF‐JCの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アイエムエフジェーシー【IMF‐JC】

全日本金属産業労働組合協議会(略称金属労協)の通称。単にJC(Japanese Committeeの略)ともいう。1964年5月,国際金属労連日本協議会(IMF‐JC)の名称のもとに,IMF(International Metalworkers’ Federation,国際金属労連)の日本における国際連帯の窓口として発足。75年12月現名称に変更(IMF‐JCという名称はそのまま)。結成以来,日本の経済・産業の発展に対応した,国際的視野をもった労働運動を進めており,またナショナルセンターの枠を超えた金属産業の大産別組織として,全民労協の結成(1982年12月)に至る労働戦線統一の流れのなかで重要な役割を果たしてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のIMF‐JCの言及

【ITS】より

…日本との関係では,第2次大戦前は日本海員組合(全日本海員組合の前身)の国際運輸労連(ITF)加盟が唯一の例であったが,戦後は大多数のITSが日本の加盟団体をもつに至った。64年のIMF‐JC(国際金属労連日本協議会,1975年に全日本金属産業労働組合協議会に改称)の結成は,その後の春闘における民間先行型を定着させ,また大産業別団体(大単産)が日本で出現する契機になった。【高橋 武】。…

【電機連合】より

…正称は全日本電機・電子・情報産業労働組合連合会。連合の加盟組合。1946年結成の全電工(全日本電気工業労働組合。産別会議に加盟)が前身。産別民主化運動のなかで49年解体,その後分裂していたが,労働運動の民主化と電機労働者の統一組織をめざし,53年6月に電機労連(全日本電機機器労働組合連合会)として結成。運動の基本は信義と友愛の精神のもと,労働基本権を遵守し,労働者の経済的・社会的地位の向上を期するとともに,産業の民主化,社会化,経済の平和的発展と世界平和の実現を期する。…

【労働運動】より

…(2)1960年代半ばには,春闘の拡大にもかかわらず総評の地盤沈下が進み,民間大企業を基盤とした新しい潮流が台頭してきた。開放経済体制への移行を迎えて企業の大型合併・系列化を内容とする産業再編成が進展するなかで,鉄鋼,造船,電機,自動車など民間大企業労組の間でナショナル・センターの違いを越えた大産別共闘結成の動きが進み,64年IMF‐JC(国際金属労連日本協議会)の成立をみた。また,1954年総評に対抗して結成された全労会議は,傘下の組織の競合を解消するために産業別再整理を進め,64年同盟として新発足することとなったが,企業成長にともなう単組の膨張や企業合併にともなう組織再編の結果,1960年代半ばには民間部門における組織人員において同盟は総評を凌駕するにいたった。…

【労働組合】より

…ところが,たとえば鉄鋼,造船,一般機械,電気機械,自動車産業などは,素材供給と加工,部品供給と組立てなど産業内の関連があり,また労働者にも類似性のある部分が大きいから,以前から大金属共闘組織のように,相互連絡をとる試みがなされてきた。こうした産業連関に加えて,金属機械産業が輸出産業であり,国際連帯が必要な点で共通性があることから,64年IMF(国際金属労連)加盟の窓口として加盟ナショナル・センターの区別を超えてIMF‐JCが結成された。IMF‐JCは前述のように,産業としての共通利害と労働者の類似性があるので,68年以降独自の賃金闘争白書を発表して,春の賃金闘争を闘うことになった。…

※「IMF‐JC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

IMF‐JCの関連キーワード官公労全協全逓全労会議全労連単産IMFJC佐竹五三九前田種男松本惣一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone