コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MLRS エムエルアールエス Multiple Launch Rocket System

4件 の用語解説(MLRSの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

MLRS
エムエルアールエス
Multiple Launch Rocket System

多連装ロケットシステムヨーロッパにおける NATO軍ワルシャワ条約機構軍の戦力格差が増大したことへの対処として開発された。 1974年に全般支援ロケット・システム (GSRS) 計画として始り,81年 MLRSと名称が改められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エム‐エル‐アール‐エス【MLRS】[multiple launch rocket system]

multiple launch rocket system》多連装ロケットシステム。12発のロケット弾を連射し約30キロメートル先まで正確に誘導し、戦車などの目標を撃破できる自走式ロケット兵器

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

MLRS【エムエルアールエス】

Multiple Launch Rocket Systemの略。米国,英国,旧西ドイツフランスイタリアが共同で開発した自走式多連装ロケット発射システム。キャタピラ駆動の車両上に,6発1組のロケットポッドを2基,計12発のロケット弾を装備する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MLRS
えむえるあーるえす
multiple launch rocket system

多連装ロケットシステム。アメリカの陸軍とLTV社が開発したハイテク兵器で、12発のロケット弾を連射、約30キロメートル先まで精密誘導し、戦車などの目標を撃破する能力をもつ。日本の陸上自衛隊中期防衛力整備計画(中期防)の目玉として2個隊36両の導入を決め、1993年度(平成5)予算から配備を始めた。アメリカやNATO諸国ではすでに配備しており、防衛庁(現防衛省)も日本企業のライセンス生産で導入したい考えだったが、アメリカ国防総省側は議会などに気がねし、完成品の輸入を求め、日本も応じざるをえなかった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

MLRSの関連キーワードLCM初生岩multiple re-entry vehiclemultiple personalitymultiple fruitmultiple fissionmultiple dikemultiple artlaunch windowMultiple-Choice Question

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone