コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MOOC むーく

5件 の用語解説(MOOCの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

MOOC

インターネットを用いた大規模公開オンライン講座のこと。Massive open online courseの略字。「大規模オープンオンラインコース」とも呼ばれる。1コースの受講者は数万~数十万人、ウェブ上で大学レベルの授業を提供する(基本無料)。受講生は週に5~10時間ほど受講し、試験を受けて基準に達すれば修了証を入手できる。2008年に米国で提唱され、またたく間に世界に拡大。12年11月の時点で、196カ国から190万241人の生徒が1つ以上の授業に登録をしたという。高額な費用が不要なため「教育の民主化革命」とまで言われ、将来大学が不要になる可能性があるとも考えられている。13年9月現在、MOOCプラットフォームは主なものだけで20を越え、そのうち「Udacity」「Coursea」「Edx」「Udemy」「Futurelearn」「Khan Academy」等は、米国の名門大学が多数参加し人気となっている。13年2月には、東京大学もMOOCの提供を開始すると発表した。

(2013-9-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エム‐オー‐オー‐シー【MOOC】[massive open online course]

massive open online course》⇒ムーク(MOOC)

ムーク【MOOC】[massive open online course]

massive open online course》大学などの教育機関がインターネットを通じて講義を行うこと。課題を提出したり試験を受けたりすることで、履修を認定する制度もある。地理的・時間的・経済的・年齢的に制約されることなく、世界の著名な大学の教育に接することができる。公開オンライン講義。大規模公開オンライン講座。MOOCS(ムークス)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

「MOOC」(ムーク)とは、Massive Open Online Coursesの略で、大学などの高等教育機関が連携しインターネットを通じて講義をオンライン公開する取り組み、あるいはそのシステムを指す言葉です。MOOCs(ムークス)とも略され、日本語では「大規模公開オンライン講座(教育)」と訳されます。インターネット環境さえあれば、このサービスを利用することにより、米国を中心とした世界トップクラスの大学の希望する講義を、いつでもどこでも誰でも、基本的に無料で受講することができます。
(2014/4/14掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

MOOCの関連キーワードオンラインオンラインバンキングインターネット・マーケティングオンライン・マーケティングインターネット・マーケティング・リサーチオンライン広告インターネット証券インターネット通販インターネットゲームインターネット商店MOOCムードムーンウオーク公開オンライン講義公開オンライン講座公開オンライン授業MOOCSトランスフォーマー/ダークサイド・ムーンムームーちゃんムーク(MOOC)と日本の大学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

MOOCの関連情報