コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OECD原子力機関 オーイーシーディーげんしりょくきかん

百科事典マイペディアの解説

OECD原子力機関【オーイーシーディーげんしりょくきかん】

Nuclear Energy Agency of OECDといい,略称OECD-NEA。1958年,OECD前身であるヨーロッパ経済協力機構(OEEC)の指導で設立。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オーイーシーディーげんしりょくきかん【OECD原子力機関 Nuclear Energy Agency of OECD】

略称OECD‐NEA。OECDの下部機関の一つで,原子力平和利用の開発を目的とする。OECDの前身であるOEECの原子力機関として1959年に設立され,OEEC原子力機関(略称OEEC‐ENEA)と称していたが,72年拡大改組され,現称となった。日本は1965年OEEC‐ENEAに準加盟,72年OECD‐NEAに正式加盟。97年10月末現在,世界27ヵ国(ニュージーランドポーランドを除くOECD全加盟国)が加盟し,本部はパリにある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

OECD原子力機関の関連キーワード経済協力開発機構原子力管理原子力産業核燃料