OECD原子力機関(読み)オーイーシーディーげんしりょくきかん

  • OECD原子力機関 Nuclear Energy Agency of OECD

百科事典マイペディアの解説

Nuclear Energy Agency of OECDといい,略称OECD-NEA。1958年,OECD前身であるヨーロッパ経済協力機構OEEC)の指導で設立。西欧諸国間の原子力平和利用の共同開発とその用途の共同管理を目的とし,各種研究機関をもつ。その後,日,米,カナダなどのヨーロッパ諸国以外の準加盟国が正式に加盟したこともあって,1972年にOECDの下部機関として現称となった。データバンクの開発,国際食品照射計画(食品照射技術の開発とその安全性試験),ハルデン計画(軽水炉燃料照射試験,コンピューター利用に関する計画)などの計画を実施中。加盟国はOECD加盟29ヵ国のうちニュージーランドとポーランドをのぞく27ヵ国(1999年)。本部パリ。→原子力管理

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

略称OECD‐NEA。OECDの下部機関の一つで,原子力平和利用の開発を目的とする。OECDの前身であるOEECの原子力機関として1959年に設立され,OEEC原子力機関(略称OEEC‐ENEA)と称していたが,72年拡大改組され,現称となった。日本は1965年OEEC‐ENEAに準加盟,72年OECD‐NEAに正式加盟。97年10月末現在,世界27ヵ国(ニュージーランド,ポーランドを除くOECD全加盟国)が加盟し,本部はパリにある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android