PaaS(読み)ぱーす

  • platform as a service

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラウドコンピューティングの一つ。Platform as a Serviceの略。インターネット経由で、アプリケーションを利用するためのプラットフォーム(基盤)であるOS(オペレーティングシステム)やウェブサーバーやアプリケーションサーバーなどのミドルウェア、開発のための環境やツールなどを提供するサービスやシステムをさす。

 アプリケーションを稼動させるために必要な環境やサービスを、ユーザーが必要な分だけ選択して利用する。そのため、自前でプラットフォームを構築する場合に比べ、メンテナンスも含めたコストや手間を省くことができる。アプリケーション機能を提供するSaaS(Software as a Service)や、コンピュータ・ネットワークの土台を提供するIaaS(Infrastructure as a Service)と組み合わせて使われることも多い。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

platform as a service》インターネットを経由してソフトウエアを利用するための実行環境全体(ハードウエアオペレーティングシステムといったプラットホーム)を提供するサービス。ソフトウエアのみの利用はSaaS(サース)というサービスが知られていたが、さらにプラットホームや開発環境の一式を、その内容や規模に応じてサービス料を支払って利用する。SaaSをより発展させたサービス形態であり、クラウドコンピューティングのサービスの一つ。パーズ。サービスとしてのプラットホーム。プラットホーム‐アズ‐ア‐サービス。→IaaS(イアース)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android