SWOT分析

マーケティング用語集「SWOT分析」の解説

SWOT分析

企業の全体評価を行うための分析手法。Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の4つの視点から評価を行う。
SWOT分析では企業(事業単位)を内部環境(強み・弱み)と外部環境(機会・脅威)に分けて評価、分析する手法です。
内部環境分析では、自社経営資源であるマーケティング、経営陣、財務、研究/開発、購買、製造、経理の分析から自社の強みと弱みを分析してゆきます。
外部環境分析は、企業に直接影響を与えるミクロ環境と間接的な影響を与えるマクロ環境とに分けて機会と脅威を分析してゆく必要があります。ミクロ環境では市場(顧客)・競合他社・流通業者・供給業者の分析、マクロ環境では人口動態・経済動向・技術トレンドから政治・法律・社会・文化・自然環境にいたるまで広い視点から分析を行います。
企業の主観的認識により機会にも脅威にもなり得る危険があることを配慮することが重要です。

出典 (株)マインズマーケティング用語集について 情報

知恵蔵「SWOT分析」の解説

SWOT分析

企業が戦略を立案するに当たり、自社の強み(strengths)、弱み(weaknesses)、機会(opportunities)、脅威(threats)を体系的に評価するための分析枠組みのこと。強み・弱みは主に経営資源に対する内部認識から、機会・脅威はそれらを踏まえた上でのマーケティング環境に対する外部認識から、それぞれ生まれる。強みの例としては、特許権の所有、高い顧客ロイヤルティ、高い生産技術、強い財務基盤などが考えられ、弱みとしては、上記の強みの側面がある。また、機会には、高い潜在的需要、新技術や革新的製品への移行、脅威には、有力企業の新規参入、既存事業に影響を及ぼすような法律の制定、消費者ニーズの変化などが考えられる。このように、SWOT分析はマーケティング戦略立案の初期段階でマーケティング環境を把握し、事業機会を認識するための極めてラフな分析枠組みといえる。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「SWOT分析」の解説

SWOT分析

組織を、「強み(Strength)」「弱み(Weakness)」「機会(Opportunity)」「脅威(Threat)」の4つの軸から評価する手法のこと。企業戦略の立案時などに用いられる。「強み」「弱み」の軸は企業の内部要因であるとされ、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」などについて分析が行なわれたうえで、それらが外部要因に対してどれほど力を発揮できるかが評価される。一方、「機会」「脅威」の軸は外部要因とされ、「経済状況」「技術革新」「規制」といったマクロ要因と「競業他社」「顧客」「ビジネスチャンス」といったミクロ要因についての分析が行なわれる。このような、内部要因と外部要因とをそれぞれ軸にした表を作成し分析することで、戦略の対処策を立案、実行することがSWOT分析である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「SWOT分析」の解説

SWOT分析
すうぉっとぶんせき

企業などの組織が目標を達成するために、強みstrengths、弱みweaknesses、機会opportunities、脅威threatsの四つの指標に基づいて自己評価を行う分析手法。SWOTはそれぞれの頭文字を取っている。詳細な事業立案を行う前のブレーン・ストーミング段階で、内部環境と外部環境を把握するための枠組みで、おもに「強み」が「弱み」を、「機会」が「脅威」を上回っているかどうか確認する。マーケティングコンサルティングなどで頻繁に使用されている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android