TACAN(読み)タカン

翻訳|TACAN

デジタル大辞泉の解説

タカン【TACAN】[tactical air navigation system]

tactical air navigation system》戦術航法装置。軍用機の短距離航行を支援する電波装置の一つ。地上局からの極超短波(UHF)により、直線距離と方向を与える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

TACAN【タカン】

tactical air navigation system(戦術航空システム)の略。軍用の極超短波(UHF)による方位・距離測定装置で,アメリカ海軍によって航空母艦への帰投甲として開発された。距離測定装置(DME)と,その応答電波を利用する方位測定装置を組み合わせたもの。機構が簡単で精度が高く,連続的に地上局の方位と距離を知り得る。→VOR/TAC(ボルタック)
→関連項目電波航法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

TACAN
たかん

tactical air navigation systemの略称。航行中の航空機に、地上局からの方位と距離の情報を提供する無線航法援助施設。戦術航法システム、極超短波全方向方位距離測定装置ともいう。このシステムは軍事用に開発されたもので、電波はUHF帯の周波数を使用しており、パルス方式で送信する。TACAN受信機を搭載していない民間機では、このシステムによって方位情報を得ることはできないが、距離情報は、機能がほとんど共通であるDME(距離測定装置)によって得ることができる。民間機では方位情報はVOR(超短波全方向式無線標識施設)で得られるので、現在ではVOR局とTACAN局を併設した民間用と軍用どちらにも使用できる施設が多くなっており、両者を併設した施設をVORTAC(ボルタック)といっている。VORTACの有効範囲は40海里(マイル)(約72キロメートル)で、航空路の要所に地上局が設置されている。[青木享起・仲村宸一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のTACANの言及

【航空保安無線施設】より

…通常VOR局と併設される(VOR/DMEという)ことが多いがILSとも併設される。 タカンTACANtactical air navigation systemの略で戦術航法システムともいう。1951年にアメリカ海軍によって航空母艦への帰投用として開発されたもので,方位測定,距離測定機能を併せもつ。…

【航空保安無線施設】より

…通常VOR局と併設される(VOR/DMEという)ことが多いがILSとも併設される。 タカンTACANtactical air navigation systemの略で戦術航法システムともいう。1951年にアメリカ海軍によって航空母艦への帰投用として開発されたもので,方位測定,距離測定機能を併せもつ。…

※「TACAN」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android