コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TKIP てぃーきっぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

TKIP

無線LANの暗号化方式であるWPAに用いられている暗号化プロトコルのこと。周期的に同じキーを利用して暗号化を行う従来の暗号化方式の欠点を、一定パケット量や一定時間ごとにキーを自動的に変更して暗号化を行うように改善することでパケットの解読を困難にした。TKIPは、WEPと互換性があるため、WEPにしか対応していない無線LAN機器でも、ドライバーや修正プログラムをインストールするだけで、WPAに対応できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

TKIP

無線LANの暗号化方式WPAで使われている、暗号化に使うキーワードを一定時間で変更する規格です。
TKIPを使うと、暗号化された通信が従来の方式であるWEPよりも解読されにくくなります。「一時的なキーワードによる堅固なプロトコル」を意味する「Temporal Key Integrity Protocol」の略称です。
⇨AES、WEP、WPA、暗号化、
プロトコル、無線LAN

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

TKIPの関連キーワードWPA無線LANブリッジLAN公衆無線LANIEEE802.11iWEPDMZLAN Manager電力線通信

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

TKIPの関連情報