コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

V兵器 ブイへいきVergeltungswaffe

2件 の用語解説(V兵器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

V兵器
ブイへいき
Vergeltungswaffe

ドイツが第2次世界大戦中,連合国の攻撃に対する報復用として開発したV-1号,V-2号のこと。V-1号は有翼無人ジェット機形式でパルスジェットを推進動力とし,磁気コンパス,高度計,ジャイロなどをセンサーとする予調式の誘導装置をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

V兵器
ぶいへいき
vengeance weapon

第二次世界大戦末期にドイツが発射したミサイル兵器。ヒトラーが報復兵器と命名し、頭文字をとってV兵器とよばれた。V1号はパルスジェットエンジンを用いた小型の無人飛行機型で、1944年6月以降ロンドンに向けて約9000発が発射された。しかしスピード航続距離が劣り、戦闘機や対空砲火に撃墜されるものが多く、ロンドンに到達したのは約2400発であった。V2号は燃料としてアルコール、酸化剤として液体酸素を使ったロケット兵器で、同年9月以降、約2700発がイギリスオランダに向けて発射された。ロンドンには約500発が落下したが、戦局を大きく変えることはできなかった。V2号の設計者は、のちにアメリカの最初の人工衛星エクスプローラ1号を設計したフォン・ブラウンであった。V1号が現在の巡航ミサイル、V2号が弾道ミサイルの元祖ということになる。[服部 学]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone