VPN(読み)ブイ ピー エヌ

  • virtual private network
  • ぶいぴーえぬ
  • ブイピーエヌ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インターネットや通信事業者が持つ公衆ネットワークを使って、拠点間を仮想的に接続する技術の総称。「仮想専用線」「仮想私設網」などと呼ばれ、コストが高い専用線代替として企業を中心に利用されている。VPNは、利用する公衆ネットワークの違いによって大きく2種類に分かれる。インターネットを利用するものが「インターネットVPN」、通信事業者が提供する専用のサービス網を利用するものに「IP-VPN」や「広域Ethernet」がある。インターネットVPNのほうが低コストだが、不特定多数のユーザーが利用するネットワークでセキュリティーを確保する必要があり、IPsecPPTPなどのプロトコルを使ってトンネリングや暗号化、認証を行っている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

「Virtual Private Network」の頭文字です。インターネットのような公衆ネットワークをあたかも自社(自分)だけのネットワークのように利用できる技術です。通信を暗号化したり、個々のパソコンからはLANに接続したように見せるなど、VPNの規模によっていろいろな技術が使われます。
⇨LAN

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

公衆の通信網を、あたかも専用の通信回線のように利用する技術、またはサービスの総称。インターネットを介して暗号化したデータのやり取りをするインターネットVPNと、通信事業者が提供するIPネットワークを利用するIP-VPNの2種類が広く普及している。◇「virtual private network」の頭文字から。「バーチャルプライベートネットワーク」「仮想プライベートネットワーク」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

virtual private network
公衆回線を使用した企業などの通信網。国内外の拠点間で音声・データ通信などに利用できる。専用線のように利用できるが、専用線に比べ割安。仮想私設通信網。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

公衆回線を使って構築する仮想の専用回線ネットワーク。第三者の不正なアクセスを防ぎ、かつ専用回線を引くよりも費用が低く抑えられる。インターネットを利用する「インターネットVPN」と、通信会社が用意するネットワークを利用する「IP-VPN」の2種類の方式がある。インターネットVPNでは暗号化機能などをもつ通信機器を使うことでセキュリティーを確保する。IP-VPNは通信会社との契約者だけが共用する回線を利用するためコストは割高になるが、セキュリティーや回線の安定性が高い。離れた事業所のネットワーク同士をつなぐ「拠点間接続」と、接続用のソフトを導入したモバイル端末から事業所のネットワークに接続する「リモート接続」の2種類の接続形態がある。

(2020-5-29)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公衆回線を,専用回線と同様に利用できるよう構築された仮想的なネットワーク。仮想専用網ともいう。かつては電話回線で提供され,一般公衆電話サービス網を,企業の構内専用電話と同様に内線番号だけで通話できるようにしたサービスだったが,今日では外出先から LANに接続したり,LAN同士を結ぶ WANサービスとして提供されている。専用回線を導入するよりも安い費用でネットワークを構築できるため,フレームリレーの後継として普及している。通信事業者が提供する回線を複数のユーザーで共同利用する IP-VPNと,回線にインターネットを利用するインターネットVPNの大きく二つに分けられる。IP-VPNは,IPパケットのヘッダにラベルと呼ばれる転送経路とユーザーのネットワークを識別する情報を付与することで,複数のユーザーを区別する。同じく通信事業者の回線を使うものに広域イーサネットがあるが,これはイーサネットのフレームでやりとりするため IP(→TCP/IP)以外のプロトコルでも利用できるのが特徴で,フレームにグループを識別する情報を入れたタグを付与してユーザーを区別する。インターネットVPNは,IP-VPNなどに比べて費用が安くすむのが利点。ただし,不特定多数のユーザーが利用する回線であるため,通信データをカプセル化するトンネリングや,改竄(かいざん)防止,暗号化など,複数の技術を組み合わせた強固なセキュリティが必要となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮想プライベート・ネットワーク。インターネットなどの公衆回線を認証や暗号化技術を使い、あたかも専用回線のように利用できるネットワークサービス。専用回線より安いコストで構築できる。当初は企業の内線電話などに利用されていたが、現在は社内コンピュータ・ネットワーク(イントラネット)を通信事業者のバックボーン回線やインターネットを経由して利用するサービスも提供されている。インターネット経由なら出先の回線からも自社のイントラネットへの接続が可能になる。一方で、同じ回線を多数のネット利用者が共用するため通信速度の保障がなく、情報が盗まれるなどセキュリティ対策も課題になる。[乾 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

VPNの関連情報