WannaCry(読み)わなくらい

知恵蔵の解説

WannaCry

ランサムウエアと呼ばれるコンピューターウイルスの一種。2017年5月12日から世界各国で大規模な感染被害が報告されている。ランサムウエアとは、コンピューター内のファイルを暗号化して、読めなくするなどの制限をかけ、元通りにすることと引き換えに金銭を要求する不正プログラム。
WannaCryは、Windowsを基本ソフト(OS)とするパソコンをターゲットにしており、感染したパソコンには、インターネット上で利用できる仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」で、300米ドルの支払い要求が表示される。更に、3日以内に支払わなければ身代金は倍額に、1週間以内に支払わなければ、暗号化されて読めなくなっているファイルを削除するというメッセージが表示される。また、WnanaCryに感染すると、同一ネットワーク上にあるパソコンのファイルも全て暗号化されてしまう危険性があり、2017年5月12日以降、実際に世界100カ国以上で、何十万台というコンピューターがWannaCryの被害を受けている。
一般的なランサムウエアは、ユーザーが、不審なウェブサイトのリンクをクリックしたり、受信メールに添付されているファイルをダウンロードしたりするなどといった操作によって感染するが、WannaCryは、Windowsの脆弱性を悪用して感染するため、ユーザーが操作に注意していても防ぐことはできない。
ちなみに、WannaCryの感染を防ぐためには、マイクロソフト社が提供する、Windowsの脆弱性を修正した最新のセキュリティー更新プログラムをインストールするか、WannaCryの感染を防ぐ対策を備えているセキュリティーソフトをインストールするといった対策が挙げられる。

(横田一輝 ICTディレクター/2017年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

WannaCryの関連情報