ランサムウエア(読み)らんさむうえあ(英語表記)ransomware

知恵蔵「ランサムウエア」の解説

ランサムウエア

マルウエアの一種。別のプログラムを装ってウェブサイトなどで配布されており、ダウンロードして実行するとハードディスク内のデータファイルを勝手に暗号化してしまう。その後、復元(複合化)用のソフトの提供に金銭を要求することから「ランサム(身代金)」の名がついた。スパイウエアと同様に、機能ではなく目的を指す名称である。金銭を払い復元ソフトを入手しても実際には復元されなかったり、一部のファイルを復元しつつ別のファイルを暗号化してさらに金銭を要求するなど、悪循環に陥ることも多い。
セキュリティーソフトのメーカーなどが復元手法を研究、開発し、その成果を公開している。ランサムウエアに感染しても金銭は支払わず、これらを試してみることを勧めている。セキュリティーソフトに見せかけ何の機能も持たない詐欺ソフトを売りつける手法も現れており、併せて注意したい。

(斎藤幾郎 ライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android